« | メイン | »

2021年3月3日

親知らずが横に潜っている場合、

抜歯を勧める場合がほとんどです。

 

その際には

麻酔の範囲を広くして、痛みが完全にブロックして行います。

親知らずが真横に生えている場合、

手前の歯で完全にロックされ引っかかっていますから、

歯を二つ以上に分割する事になります。

 

親知らずの根の方向によっては、

骨を抱えていたり、

骨にフックがかかったように引っかかっている為に

骨を一部取り除く事があります。

このような大がかりな処置になるため、

下の親知らずの抜歯は、

一般的に術後数日間腫れる事が多いのです。

 

大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

大岡歯科医院 代表 大岡  洋 大岡歯科医院
/www.harvarddent.com/ 代表 大岡 洋

【経歴】
1997年
東京歯科大学 卒業
1997-2002年
ハーバード大学歯学部・公衆衛生学部大学院
(予防歯科学専攻)修了
Sc.M.(Master of Science)取得
2003年
東京歯科大学非常勤講師
(歯科補綴学:審美および咬み合わせ分野)
2008年
慶應義塾大学特選塾員

【資格】
厚生労働省 臨床研修指導医

【所属学会】
国際歯科学士会(I.C.D)会員
アメリカ歯周病学会(A.A.P.)会員
日本歯周病学会 会員
慶應義塾大学 歯科三田会 会員