2019年8月29日

歯科治療のスタイルは徐々に進化しています。

現在は、

機器の滅菌やマスク・ゴム手袋といった感染防止対策はもちろんの事ですが、

全ての診療台に除菌水が循環し、

清潔な環境を常に維持できるようになっています。

2019年8月23日

私が歯科医師を志したのは、幼少期の歯科治療の苦い経験がキッカケです。

元々持っていた反射の関係で、型取りをするのが大変だったのです。

「何とか、あの辛い型取りをしないで済まないか・・・」という事をずっと考えていました。

しかし、その私が抱いてきた夢が実現しそうなんです。

近年の進化したデジタル技術によって、お口の中に読み取りセンサーを数秒間入れるだけで歯の形状を認識し、そのデータを元に詰め物を作り出す事が可能になりました。

この機器を今秋導入する事が決まりました。

むし歯の状況や詰め物の大きさにもよりますが、場合によってはむし歯処置の当日にセラミックの詰め物を入れる事ができるかもしれません。

これまで精密な型取りの場合、硬化するまで7〜8分間、材料を口の中に入れておく必要があったため、状況によっては患者さんに大きな苦痛と負担をかける事も多かったと思います。咬み合わせの型取り等、一連の作業で20〜30分はかかりました。

そして、型取りが満足にできたとしても、その模型を外注し、詰め物を作成するまでに1週間程度待たなければならず、その間、患者さんには仮詰めの詰め物を入れていました。しかし仮詰めはゆるく付けていますから、外れやすかったり沁みやすかったりしました。

しかし、今秋導入の機器により、全体の型取り操作で2〜3分間、そのまま型取りデータを元に詰め物をその場で削り出してしまうので、仮詰めの期間を経ずに、最終的な詰め物を即日詰める事ができるようになるのです!

自費診療での対応になりますが、金属を使わずに強度のある材料で歯を保護するには良い選択肢だと思います。

 

2019年8月10日

8月13日(火曜日)から17日(土曜日)まで、夏期休暇となります。

19日より診療を再開いたします。

よろしくお願いいたします。

  • 1

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

大岡歯科医院 代表 大岡  洋 大岡歯科医院
/www.harvarddent.com/ 代表 大岡 洋

【経歴】
1997年
東京歯科大学 卒業
1997-2002年
ハーバード大学歯学部・公衆衛生学部大学院
(予防歯科学専攻)修了
Sc.M.(Master of Science)取得
2003年
東京歯科大学非常勤講師
(歯科補綴学:審美および咬み合わせ分野)
2008年
慶應義塾大学特選塾員

【資格】
厚生労働省 臨床研修指導医

【所属学会】
国際歯科学士会(I.C.D)会員
アメリカ歯周病学会(A.A.P.)会員
日本歯周病学会 会員
慶應義塾大学 歯科三田会 会員