«  2017年8月 7日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月 7日

現在、顎関節症の患者さんの治療を要望される患者さんが増えています。


当院の治療では

まず肩から上の筋肉の緊張をリセットさせる事から始まります。

顎の具合だけでなく、頭痛や首・肩のこり具合が改善する事が確認できたら、

上下の歯の当たり方について調整をします。

咬み合わせの調整では歯の形状や歯の生えている位置・傾き具合により調整量、

つまり歯や詰め物・被せ物の表面を削る量が変わります。

状況によっては、調整量が多くなる事もあります。


緊張が少ない緩んだ状態での上下の咬み方が、

本来の咬む位置ですから、当たり方が均等になるように調整します。


咬み合わせの調整をしないままに、

首回りの筋肉の緊張をいくらほぐしても、後戻りしてしまいます。

それは、通常の整体やマッサージと何ら変わらないアプローチになってしまいます。


顎関節症治療をお考えの方には

この点についてご理解をよろしくお願い致します。

大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

« 2017年7月29日 | メイン | 2017年8月21日 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

大岡歯科医院 代表 大岡  洋 大岡歯科医院
/www.harvarddent.com/ 代表 大岡 洋

【経歴】
1997年
東京歯科大学 卒業
1997-2002年
ハーバード大学歯学部・公衆衛生学部大学院
(予防歯科学専攻)修了
Sc.M.(Master of Science)取得
2003年
東京歯科大学非常勤講師
(歯科補綴学:審美および咬み合わせ分野)
2008年
慶應義塾大学特選塾員

【資格】
厚生労働省 臨床研修指導医

【所属学会】
国際歯科学士会(I.C.D)会員
アメリカ歯周病学会(A.A.P.)会員
日本歯周病学会 会員
慶應義塾大学 歯科三田会 会員