«  2015年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年5月30日

こんにちは。

先日、ディズニーランドに行きましたら、

トイレでこんな表示がありました。

IMG_4108.JPG


これは当院の全水路に循環している「次亜塩素酸水」と同じです。

高度な衛生状態を保たなければならない場所では、

高い殺菌効果と共に安全性が求められ、

次亜塩素酸水は

食品添加物として国から認可を受けており、

これらの条件をクリアーしていると言えます。


ディズニーランドを訪れた際には

是非確認してみてください。


大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月29日

こんにちは。

今回は歯の「白さ」についてです。

「白い歯」には、誰もが憧れます。

口元の清潔感を印象付ける事になり、

人が受ける第一印象に大きく影響を及ぼします。


しかし、実は「白い歯」といっても、人それぞれイメージが異なります。

「白」といったら、1色のように連想しがちですが、

歯の「白さ」には、実に多くの種類があります。

CIMG1273.JPG

ピアノの鍵盤のような白を連想される方が

比較的多くいらっしゃいますが、

生まれながらにもっている歯の白さには、茶色や黄色などが含まれているため、

ピアノの鍵盤の白が前歯に入ると、

前歯の主張が強すぎる印象を与え、結果としてギラつくような仕上がりになります。

大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月28日

こんにちは。

先日、国際歯科学士会(ICD:International College of Dentists)の

総会・認証式がありました。

ICDは、世界で最も古く、最大の歯科の組織です。

1920年、アメリカ人歯科医師オトフィー先生が来日したパーティで

日本人歯科医師の奥村鶴吉先生とICDの構想を話したのがきっかけとなり、

会が発足しました。

歯科医療レベルの向上と歯科医師の国際交流を目的としています。

世界中に支部があり、フェロー(会員)の数は12,000名を超えますが、

日本支部では300名程度しか認証されておりません。

image-2.jpg

認証式は大変荘厳な雰囲気の中、

Dr. Joseph Kenneally 国際会長をはじめ、

海外から複数の来賓と共に、

今年の新入フェローを迎えました。

大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月22日

こんにちは。

今回は当院が採用している「次亜塩素酸水」についての話です。

CIMG1289.JPG

次亜塩素酸イオンには2つの大きな作用があります。

1. 殺菌作用

2. タンパク分解作用

です。


人間は常に外界の微生物と接しています。

人間の体に無いものは「異物」として認識します。

異物は体から排除しなければなりません。

これが「免疫(めんえき)」です。 つまり、排除する力が「免疫力」ですね。

ここで重要な働きをしているのが「白血球」です。

白血球が異物を無毒化する際に排出されるのが「次亜塩素酸イオン」です。

自然の防御メカニズムを利用しているので、

体にやさしい、安全な「水」です。

診療を受ける前に15秒間うがいされると、口腔内の洗浄になります。

大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月18日

こんにちは。


今回は当院の「水」についてです。

歯科治療において「水」は不可欠です。ですから、当院では「水」にこだわっています。


当院の水は

純度が非常に高い「水」と「食塩」を電気分解して生成された

次亜塩素酸イオン溶液を採用しています。

14061130461651.jpg


大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月13日

こんにちは。

最近、毛先の細さを売りにしている歯ブラシをよく見かけます。

細い毛先で歯肉の中に入れて、汚れを搔き出す、、、、という商品です。

当院ではおススメしておりません。

細い毛先の歯ブラシは、毛束が軟らかい傾向があります。


以前こちらのブログでも触れましたが、

軟らかい毛束の歯ブラシは、

ブラッシングの圧力を過大にする傾向が強くなりますので、

結果として歯や歯肉にダメージを与えやすくなります。

そして、細い毛先で歯肉の中を傷つけ、常に出血を引き起こします

これにより、歯周病を逆に進行させてしまう可能性もあります。


歯ブラシの毛先は通常の形状をおススメします。

ブラッシングの基本は、

歯肉周囲の血液循環を改善する事で歯周ポケットの深さを減らす事です。

しかし、ブラッシングだけでは、効果に限りがあります。

もしブラッシングだけで歯周ポケットの深さが改善しなければ、

歯科医院で歯周ポケットのクリーニングをします。

これらを併用する事で歯周ポケットの深さは浅くなります。

歯周ポケットが浅くなれば、毛先の細いブラシはもはや必要ありません。


大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月 8日

こんにちは。

あっという間にゴールデンウィークも終わってしまいましたね。

さて、前回、ブラシの硬さについて話しましたが、

これはあくまでも大人の歯ブラシについてです。


幼児期、学童期のお子様では歯ブラシの選び方が異なります。

乳歯は基本的に軟らかい傾向があります。

生え変わって間もない永久歯も同様に軟らかい傾向にあります。

口の中に出てきて間もないと、

歯の表面へのカルシウムの沈着が不十分のため、

虫歯になりやすい状態にあるのです。

ですから、学童期までのお子様には虫歯予防を重視したブラッシングを推奨しております。

歯ブラシはふつう又はやや軟らかめのものを選択すると良いと思います。


子供用の歯ブラシは、

大人用の歯ブラシよりもコンパクトヘッドですので、

子供用の歯ブラシを好んでお使いの大人の方も時々お見受けいたします。

しかし、子供用の歯ブラシを大人のブラッシングに使用する事はおススメしていません。

それは大人にとってはブラシの毛束が軟らかすぎるため、

十分な刷掃効果が得られにくいからです。


近年、中学生では虫歯が激減しております。

それとは対照的に歯周病が急増している現状があります。

大人用の歯ブラシを用いた、歯周病対策のブラッシングを始めるのは、

小学生高学年又は中学生から行なうべきだと考えております。


大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

2015年5月 1日

こんにちは。

春らしい日々が続いていますね。

歯ブラシの選び方についてのご質問がとてもございます。

前回に引き続いて歯ブラシの話を少し。

歯ブラシの硬さはどのようなものを選べばいいかと言いますと、

「ふつう」です。
(これは大人の歯ブラシについての話です。子供の歯ブラシについては後日。)

硬い歯ブラシを好んで使う方がいらっしゃいますが、

歯ブラシをかなり上手にコントロールしない限り、

ブラシの毛束で歯や歯肉を傷つける事につながりやすいです。

一方、軟らかい歯ブラシを使いますと、

ブラシの毛束のコシが少ない為に

歯や歯肉に対して、より過剰な力をかけてしまう傾向があります。

ブラッシング圧のコントロールが難しく、

刷掃効果も十分とは言えません。


ブラッシング圧を簡単にコントロールし

ブラシの毛束のコシを利用する事で

歯や歯肉へのダメージを最小限に抑える事ができる点で

「ふつう」をおススメしているのです。

大岡歯科医院のホームページはこちら:
目黒駅前の予防歯科なら大岡歯科医院

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

大岡歯科医院 代表 大岡  洋 大岡歯科医院
/www.harvarddent.com/ 代表 大岡 洋

【経歴】
1997年
東京歯科大学 卒業
1997-2002年
ハーバード大学歯学部・公衆衛生学部大学院
(予防歯科学専攻)修了
Sc.M.(Master of Science)取得
2003年
東京歯科大学非常勤講師
(歯科補綴学:審美および咬み合わせ分野)
2008年
慶應義塾大学特選塾員

【資格】
厚生労働省 臨床研修指導医

【所属学会】
国際歯科学士会(I.C.D)会員
アメリカ歯周病学会(A.A.P.)会員
日本歯周病学会 会員
慶應義塾大学 歯科三田会 会員