食を大切にした、美味しく食べられる入れ歯

入れ歯治療入れ歯の相談を受けるとき「入れ歯が合わなくて食事が美味しくない」という話を聞くことがあります。
入れ歯には神経が通っていないので、咬んだときの触感が伝わりません。そのため美味しく感じられないのです。

食べることは、人間の大切な欲求です。
特に日本人の味覚や触感は繊細で、食へのこだわりが強いと言えます。
当院では、天然の歯の触感にこだわり、咬み応えのある入れ歯をお作りしています。
できるだけ歯を残し、残した天然の歯で咬み応えがわかるように設計・調整します。

食は人生を豊かにする源です。
当院の入れ歯治療で、美味しい物を味わうとともに、全身の健康も取り戻してください。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案