清掃性を大切にした入れ歯指導

入れ歯指導入れ歯を安定した状態で使うためには、ブラッシングが一番の要です。
お口の中に汚れが残っていると、そこから細菌が繁殖して新たなむし歯や歯周病となり、入れ歯が合わなくなっていきます。
安定した状態で使い続けるためにも、ブラッシングは欠かせません。

患者さんのお口の中を拝見し、ブラッシングが行き届いていない場合は、ブラッシング指導を行って、入れ歯が安定できるように指導いたします。
清掃性を保つことで入れ歯も安定しますので、ブラッシング習慣をしっかり身につけてください。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案