根管治療(重度むし歯治療)

根管治療(重度むし歯治療)

「悪化したむし歯の治療が難しいので、抜歯しかない」そう言われてショックを受けた方はいませんか?
確かに、むし歯が重症化すると治療が困難です。
しかし「根管治療」により、重篤化した歯でも治療ができる可能性があります。

悪化したむし歯の寿命を引き延ばす根管治療根管治療
むし歯が悪化したとき、炎症が歯の深部まで広がると、急激な痛みや腫れが伴う歯髄炎を起こします。
細菌によって神経や根の先がダメージを受けていますので、通常の治療では完治が難しい状態です。
こうした悪化した歯を残すための治療が「根管治療」です。

根管治療では神経を取り除き、根管内(神経が通っていた管)に残った汚れや細菌を殺菌・消毒し、薬を充填して完全密封することで再感染を防ぎます。
非常に難易度が高く、治療期間も長くなりがちですが、悪化した歯を残せる「最後の砦」とも言える治療です。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案