薬の力でむし歯を治すドックベスト・セメント法

ドックベスト・セメント法通常のむし歯治療は、歯を削って薬を詰める治療です。
悪い部分をきちんと取り除かなければ再びむし歯になりますので、どうしても削る量が増えてしまいます。
こうした治療に対して、最近注目されている新発想の治療が、ドックベスト・セメント法です。

当院では、ドックベスト・セメント法による患者さんへの負担が少ないむし歯治療を行っています。

ドックベスト・セメントは、天然ミネラルを配合した殺菌剤で、むし歯に感染した部分を少量削り、ドックベスト・セメントを充填して細菌を完全に死滅させます。
その後、詰め物でしっかり蓋をしておくことで、再発せずに、その状態を保てます。
ある一定期間経過後、最終的な材料により歯を保護します。

削る量がほとんどありませんので治療中の痛みはなく、身体に負担をかけずに治療効果をあげています。
従来の削って治す治療に疑問を感じている方は、一度ご相談ください。

<ドックベスト・セメント法とは>
アメリカで開発された新発想の治療が、ドックベスト・セメントです。
アメリカ最大の歯科団体・アメリカ歯科医師会(ADA)が認めた安全性の高い薬で、天然ミネラル成分でミュータンス菌を死滅させ、歯をほとんど削らずに治せます。

ドックベスト・セメント治療についてはこちら
 

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案