痛さを最小限に抑えた麻酔術

麻酔術歯の治療で一番気になるのが、歯を削るときの痛み。当院では麻酔注射による痛みの少ない治療に取り組んでいます。
麻酔前に施す表面麻酔や極細の針を使った電動麻酔器の使用など、痛みを和らげる工夫をしています。
また、通常の麻酔注射が効かない場合は、伝達麻酔で対応しています。

●表面麻酔の使用
麻酔前に使う塗り薬の麻酔薬です。患部に塗ることで、感覚を麻痺させます。

●電動麻酔器の使用
速度と圧力がコントロールされているので、麻酔液を注入するときの痛みや違和感を緩和します。

●麻酔液を少量ずつ注入
ごく少量の麻酔液を何回かに分けて入れていきます。

【伝達麻酔】神経に直接アプローチする無痛治療
下あごの奥歯は通常の麻酔が効きにくく、そのまま治療を続けると痛みを伴い、患者さんに辛い思いをさせます。
このような場合には、伝達麻酔で対応いたします。

伝達麻酔とは、脳につながる神経に直接麻酔薬を効かせる麻酔法。
麻酔の効く範囲はあごから唇、舌までと広く、麻酔効果も長時間持続します。
ほぼ無痛治療に近いので、親知らずの抜歯や痛みへの強い不安感や恐怖心がある方に使用しています。

経験がなければ使用するのが難しいため、伝達麻酔を扱う歯科医師は多くはありません。
院長はアメリカ留学時代に数多く経験してきましたので、自信を持って使用しています。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案