ドックベスト法による削らないむし歯治療(自費診療)

ドックベスト法一般的なむし歯治療は、歯を削って薬を詰めます。
当院では、ドックベスト・セメント法を取り入れていますので、大きめのむし歯でも、歯をほとんど削らずに治療ができます。

ドックベスト・セメント法は、天然ミネラルを配合した薬でむし歯菌を死滅させる治療です。
歯をごく少量削って薬を充填し、詰め物で蓋をします。
このときむし歯が残っている状態ですが、ミネラル成分でミュータンス菌を殺菌し、歯の再生能力を高め、感染部分の「再石灰化」を促します
一定期間を経て、再石灰化を確認したあと、最終的な詰め物で歯を保護することとなります。

ドックベスト・セメント治療についてはこちら

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案