「咬み合わせ」は、上下の歯の接触だけでは定まりません

顎関節症治療咬み合わせを考えるとき、矯正治療を連想されるのではないでしょうか。
確かに矯正治療では歯並びが整いますが、必ずしも咬み合わせが良くなるわけではありません。
従って「歯並びが悪い=咬み合わせが悪い」とは言えません。

一般的に、咬み合わせは上下の歯がきちんと接触している状態と考えられています。
従来の咬み合わせの治療や顎関節症の治療では、上下の歯を削ったりマウスピースを装着したりして調整しますが、姿勢のズレが原因に含まれている場合は、効果的でなかったり効果が持続したりせず、限定的になることも多くあります
「姿勢のズレ」を考慮していない治療法は、適切な処置にならないことが多くあるのです。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案