予防理論に基づく長期的な視野に立った歯周病治療

歯周病治療

歯周病は歯を失う原因のトップで、生活習慣病とも言われています。
歯周病は、細菌が産生する毒素によって歯を支えている歯肉や骨が溶かされていく病気です。
自覚症状のないまま長い年月をかけてゆっくりと進行していきますが、身体の免疫力と感染力のバランスが崩れる50~60代頃に急速に悪化します。

しかし、日頃のメンテナンスによっては、若い世代でも十分に起こりうる病気です。
最近では、若い世代を中心にむし歯のない人が増えてきましたが、こうした方の中にはブラッシングの習慣ができていないことが多く、歯周病になると重篤化しやすい傾向にあります。

歯周病の進行に先手を打つには、日頃のブラッシング習慣と、定期検診やメンテナンスを行うことが一番です。

当院の院長は、ハーバード大学歯学部・公衆衛生学部大学院での5年間の臨床経験をもとに確立された予防理論に基づき、総合的に「患者さんのお口の健康を維持・向上する」ことを目標に掲げ、長期的な視野に立った歯周病予防を目指し、実践しています。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案