歯周病の進行

歯肉炎歯周病の進行
歯肉が赤くなり、炎症を起こしている状態です。歯と歯肉の間に歯垢が溜まって、歯周ポケットができます。まだ骨への影響はありません。

この段階であれば、日頃のブラッシングの改善と定期的な歯のクリーニングを受けることで、歯肉の状態を改善できます。


軽度歯周炎歯周病の進行
歯周炎を起こして歯肉が赤紫色に腫れています。歯周ポケットの深さが3~4mmになり、汚れや歯石が溜まって歯槽骨の吸収(骨が溶けること)が始まった状態です。

この段階でも、日頃のブラッシングの改善と定期的な歯のクリーニングで汚れや歯石を落として改善します。


中等度歯肉炎歯周病の進行
炎症が広がり、歯周ポケットが4~6mm程度まで深くなっています。歯槽骨もさらに溶かされて、歯のぐらつきが始まります。自覚症状も現れるようになり、歯ぐきの腫れ・出血などが伴います。

治療は、日頃のブラッシング法を大きく改善しつつスケーリングで歯石を除去しますが、症状によっては歯周外科の対応となるケースもあります。


重度歯肉炎歯周病の進行
歯肉の腫れと痛みがひどくなっています。完治させるのが困難となり、歯周外科手術・再生療法の対象となりますが、それも不可能な場合は抜歯となります。


進行別比較表
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯肉炎 重度歯肉炎
歯肉の炎症・骨の吸収     ○ ◎
ぐらつき     △ ◎
外科手術     ○ ◎
ブラッシングによる改善 ◎ ◎ ○ △

※ブラッシングのみの効果は限定的ですが、ブラッシングと並行して歯周病治療を進めていくことにより、歯周病の状態を改善することは可能です。


世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案