むし歯や歯周病のパターンを知って予防する

予防歯科

むし歯や歯周病は、細菌に感染してから発症するまでに相当の年月がかかることをご存知ですか?
歯の病気はがんと同じで、ゆっくりと症状なく進行します。
むし歯で2~3年、歯周病で10~15年と、ゆっくりと悪くなるので、自覚症状が現れたときにはかなり進行していることも珍しくありません。
そうなる前に、当院の予防歯科で、むし歯や歯周病を予防しましょう。

歯の病気のメカニズム予防歯科
むし歯と歯周病は、以下の3つが合わさって生じるのです。

・歯
・細菌(むし歯菌や歯周病菌など)
・お口の中の汚れ

このうちのどれか1つがなくなれば、むし歯や歯周病を予防できます。とはいえ、億や兆の単位の細菌の数を「0」にすることは不可能。効果的なブラッシング習慣により、お口の汚れをなくすことが唯一有効な手段です。
誰もができる身近な方法で、むし歯や歯周病を予防できるのです。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案