歯科医療を変えたい!決意を持って歯学部へ進学

院長あいさつ幼い頃の私は、体質的に反射が出やすい子どもでしたので、歯で苦労してきました。
そんな歯科治療の苦い経験から、

「もっと楽に歯科治療を受けられるのではないか」
「なるべく、歯科治療を受けなくても良いようにできたらいいのになぁ」

こんな想いを、いつも抱いていました。
祖父や父の働く姿に憧れ、医療に対する漠然とした興味から歯科医療の可能性を見出し、歯科医師になって現在の歯科治療を変えたいという思いから、中学・高校を過ごした慶應義塾大学への進学を辞退し、東京歯科大学へ進学することに決めました。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案