食感を実感できる入れ歯

入れ歯治療

「入れ歯を入れると、食事の美味しさが感じられない」
「入れ歯と上あごの間に食べ物が詰まって痛い」
「痛くて硬い物がしっかり咬めない」

このように、入れ歯のトラブルでお困りの方はいませんか?せっかく入れ歯を作っても、ズレたり痛かったりしたら、食事を美味しく食べられません。
当院の入れ歯でしたら、美味しい物を美味しく食べることができます。

食を大切にした、美味しく食べられる入れ歯

入れ歯治療入れ歯の相談を受けるとき「入れ歯が合わなくて食事が美味しくない」という話を聞くことがあります。
入れ歯には神経が通っていないので、咬んだときの触感が伝わりません。そのため美味しく感じられないのです。

食べることは、人間の大切な欲求です。
特に日本人の味覚や触感は繊細で、食へのこだわりが強いと言えます。
当院では、天然の歯の触感にこだわり、咬み応えのある入れ歯をお作りしています。
できるだけ歯を残し、残した天然の歯で咬み応えがわかるように設計・調整します。

食は人生を豊かにする源です。
当院の入れ歯治療で、美味しい物を味わうとともに、全身の健康も取り戻してください。

合わなくなった入れ歯を新調する前に、まずはリフォームで

入れ歯治療入れ歯が合わなくなったので作り変えてほしいという相談を受けることがあります。
新しく作ることもできますが、今お使いの入れ歯に少し手を加えるだけで、しっかり咬み合う入れ歯に変身します。

当院では、入れ歯のリフォームを行っています。
今お使いの入れ歯を調整するだけで、安定した入れ歯に生まれ変わります。
それと並行して新しい入れ歯もお作りいたします。

新しい入れ歯が出来上がるまでは、リフォームした入れ歯で美味しく食事を味わっていただけますので、多くの患者さんから喜ばれています。

初めて入れ歯を作る方へ入れ歯
初めて入れ歯をお作りする方は、初めに仮歯をお作りします。
それをしばらくの間使っていただき、入れ歯の当たり方やお口の中の癖を確認し、慣れてきた頃に、天然の歯が触れるように最終的な入れ歯を調整いたします。

ノンクラスプデンチャーノンクラスプデンチャー
入れ歯を固定する金属金具を使わない、目立たない入れ歯です。
自然な美しさがあり、口を開けて笑っても、入れ歯を使っていることを誰にも気づかれません。
ソフトなプラスチック樹脂を使ったノンクラスプデンチャーは、弾力性と吸い付くようなフィット感があります。

従来の入れ歯に比べて薄くて軽く、装着時の違和感が少ないので快適にお使いいただけます。
ただし耐久性に劣るため、定期メンテナンスが欠かせません。

金属床義歯コバルトクロム
床部分に金属を使った入れ歯です。
その特徴は、強度に優れ、厚みや違和感が少ない点。
当院では、比較的金属アレルギーが少ない素材を使用しておりますが、心配な方は医師と相談してからお使いください。

清掃性を大切にした入れ歯指導

入れ歯指導入れ歯を安定した状態で使うためには、ブラッシングが一番の要です。
お口の中に汚れが残っていると、そこから細菌が繁殖して新たなむし歯や歯周病となり、入れ歯が合わなくなっていきます。
安定した状態で使い続けるためにも、ブラッシングは欠かせません。

患者さんのお口の中を拝見し、ブラッシングが行き届いていない場合は、ブラッシング指導を行って、入れ歯が安定できるように指導いたします。
清掃性を保つことで入れ歯も安定しますので、ブラッシング習慣をしっかり身につけてください。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案