根管治療(重度むし歯治療)

根管治療(重度むし歯治療)

「悪化したむし歯の治療が難しいので、抜歯しかない」そう言われてショックを受けた方はいませんか?
確かに、むし歯が重症化すると治療が困難です。
しかし「根管治療」により、重篤化した歯でも治療ができる可能性があります。

悪化したむし歯の寿命を引き延ばす根管治療根管治療
むし歯が悪化したとき、炎症が歯の深部まで広がると、急激な痛みや腫れが伴う歯髄炎を起こします。
細菌によって神経や根の先がダメージを受けていますので、通常の治療では完治が難しい状態です。
こうした悪化した歯を残すための治療が「根管治療」です。

根管治療では神経を取り除き、根管内(神経が通っていた管)に残った汚れや細菌を殺菌・消毒し、薬を充填して完全密封することで再感染を防ぎます。
非常に難易度が高く、治療期間も長くなりがちですが、悪化した歯を残せる「最後の砦」とも言える治療です。

薬の力でむし歯を治すドックベスト・セメント法

ドックベスト・セメント法通常のむし歯治療は、歯を削って薬を詰める治療です。
悪い部分をきちんと取り除かなければ再びむし歯になりますので、どうしても削る量が増えてしまいます。
こうした治療に対して、最近注目されている新発想の治療が、ドックベスト・セメント法です。

当院では、ドックベスト・セメント法による患者さんへの負担が少ないむし歯治療を行っています。

ドックベスト・セメントは、天然ミネラルを配合した殺菌剤で、むし歯に感染した部分を少量削り、ドックベスト・セメントを充填して細菌を完全に死滅させます。
その後、詰め物でしっかり蓋をしておくことで、再発せずに、その状態を保てます。
ある一定期間経過後、最終的な材料により歯を保護します。

削る量がほとんどありませんので治療中の痛みはなく、身体に負担をかけずに治療効果をあげています。
従来の削って治す治療に疑問を感じている方は、一度ご相談ください。

<ドックベスト・セメント法とは>
アメリカで開発された新発想の治療が、ドックベスト・セメントです。
アメリカ最大の歯科団体・アメリカ歯科医師会(ADA)が認めた安全性の高い薬で、天然ミネラル成分でミュータンス菌を死滅させ、歯をほとんど削らずに治せます。

ドックベスト・セメント治療についてはこちら
 

免役機能を促進し、治癒力を高める高周波レーザー治療

高周波レーザー治療当院では、根管治療の治癒力を高めるために、さまざまな取り組みを行っています。
その1つが、自然治癒力を高め、促進する治療器具として注目されている、高周波治療器を使った根管内の殺菌です。

高周波の電流は生体に流れやすく、複雑な形をしている根管(歯根)の先まで電流が流れて殺菌・消毒することができます。
また、免疫機能を促す作用があるので、腫れや炎症などを鎮め、治癒力を高める効果が得られます。

重度のむし歯の場合、治療が困難な上、症状によってはその後の状態が安定しないことがあります。
もちろん患者さんの身体にも負担がかかります。
当院では、高周波治療器具やレーザー装置などを導入し、患者さんの身体に負担の少ない重度のむし歯治療(根管治療)を行っています。

高周波治療器で免疫力を促進する
高周波治療器は、自然治癒力を高める治療として注目を集めています。
当院でも、高周波治療器による根管治療で高い効果をあげています。

根管内に電流を流すことで細菌を殺菌し、腫れや炎症などを鎮めると同時に、高周波により生体の免疫機能を高めることで自然治癒力を促進するので、処置後の回復が早まります。

<高周波治療器の効果>
・鎮痛効果
・代謝促進
・組織の活性化
・消毒・殺菌効果

レーザー治療で治癒力を高めるCo2レーザー
また、Co2レーザー(炭酸レーザー)も高周波治療器と同様に、自然治癒力を高める作用があります。
根管内にレーザーを照射すると、腫れや痛みを和らげ、根管内の細菌を強力に殺菌してくれます。

POIC®ウォーターによる殺菌ポイックウォーター
根管内の洗浄は、POIC®ウォーターで殺菌します。
POIC®ウォーターとは、不純物などを含まない電気分解水で強い殺菌力があります。
通常、根管内の殺菌には薬品を使用しますが、当院では優れた殺菌力があるPOIC®ウォーターで消毒します。
薬品をまったく使っていない安全な殺菌水なので、患者さんの身体にも負担がありません。

※POIC®ウォーターをお口の中に含むと、細菌を溶かして殺菌してくれます。
また、タンパク質と触れると中性に戻る作用がありますので、人体にも安全なお水です。
ウイルスや細菌などにも高い効果を発揮し、インフルエンザや新型インフルエンザ、肝炎、HIV・MRSAなどを瞬時に殺菌します。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案