水にもこだわった院内設備 ~院内で使用する水はすべて「殺菌型機能水」~

当院では、院内感染を防ぐ「殺菌型機能水」や高解像度CTなどの最新設備を導入し、安全で精度の高い治療を提供しています。

水にもこだわった院内設備

ご存じですか?診療ユニットの水質汚染!
診療ユニット(治療用チェアー)はいろいろなところから水が出ます。もちろんこの水はお口をゆすぐにも使いますし、歯を削るときにも使います。しかし、この診療ユニットの水質汚染が大きな社会問題となっていることをご存じでしょうか?

水にもこだわった院内設備通常、診療ユニットから出てくる水は、水道水をそのまま使っています。本来、水1ccあたり菌が100個以内でなければならないと法律で定められています。しかし、調査結果(※)によると、菌が10万個以上の場合もあったそうです。このお水を口に含むことを考えると、とても怖い話です。

※米国CBS(1999年)、米国ABC(1999年)、東京医科歯科大学(2000年)、日本の治療水調査(2001年)などで多数報告あり。

でも、ご安心ください。当院では院内すべてに「殺菌型機能水」を循環させています。

当院が導入する「殺菌型機能水」
歯科治療では、歯を削ったりお口をすすいだり、さまざまなシーンで水を使います。

当院では細菌感染対策に力を入れ、次亜塩素酸イオンを含んだ「殺菌型機能水」(POIC®ウォーター)を導入しております。
院内全域に循環させることにより、細菌やウイルスによる歯科診療台内の治療水の汚染、および治療時の注水作業による感染の危険性を大きく減らすことが可能となりました。

●殺菌型機能水
殺菌型機能水は、人間の身体にある成分を使って作った、安全で殺菌効果の高い水です。
この水を使用することで、手洗い・うがい・治療まで、すべての水の中に含まれる細菌やウイルスを死滅させ、クリーンな環境を構築しています。

POIC®ウォーターの詳細はこちら

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案