治療の精度を高める歯科用CTの導入

歯科用CT診断で欠かせないのは精密さです。
当院では、最先端の歯科用CT(RevoluX)を導入し、精密な診断を行っています。
従来のCTでは解析が困難とされている、金属の入った歯も含め、歯や骨の状態に対して精度の高い診査・診断を可能としています。

従来のレントゲンとの違い
これまでは2次元のレントゲン画像で診断を行っていました。
現在では、歯科用CTによる撮影で3次元の立体画像が得られるため、2次元画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な構造や神経の位置などを高精度で把握することができます。これにより、適切な診断・治療が可能となります。

レントゲン歯科用CT

ほかの歯科用CTとの違い
1.骨質を正確に把握できます歯科用CT
一般的な歯科用CTは、歯やあごの骨を立体的に把握することはできるものの、骨質(硬さ)まで正確に把握することはできません。

一方、当院の歯科用CTは骨質を正確に計測できるため、特に骨質を事前に把握しておくことが重要な治療に有効です。当院の歯科用CTは、数ある歯科用CTの中でも特に優れた性能を持つ装置です。

2.金属による影響を除去します
歯の詰め物に金属を使われている方がいらっしゃいますが、金属はX線を通しにくいため、その影響でこれまでのCTでは周りの骨の状態が把握できないことがありました。当院の歯科用CTは金属の影響を除去するプログラムを搭載しており、金属の影で映らなかった部分の骨も診断することができます。

歯科用CT歯科用CT

患者さんへの負担を軽減
CT撮影というと大がかりな撮影を想像されるかもしれませんが、当院の歯科用CTは短時間(20秒程度)で撮影が完了します。もちろん痛みも何もありません。気になる被ばく量も、医科用CT装置の1/15程度に抑えられておりますので、どなたでも安心して撮影いただけます。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案