当院のメンテナンス・プログラム

予防プログラム

デンタルドック(A.病態検査+B.リスク検査)
むし歯と歯周病について、病態検査とリスク検査から包括的・多角的に口腔内の状態を詳細に把握します。この結果を踏まえることで、より的確・効果的なブラッシング指導を行うことが可能となります。年に1回の頻度で行うことをおすすめいたします。

スクリーニング検査(A.病態検査)
むし歯や歯周病に対する病態検査に力点を置いた検査です。口腔内の状況を診査し、むし歯や歯周病の傾向を把握することを目的としています。プレミアコースでは、病態検査およびリスク検査を精密に行う1年に1回のデンタルドックを補う形で、6か月に1回の頻度で行います。

プレミア(年間コース)
病態検査およびリスク検査を行う年1回のデンタルドックを中心とした、本格的な予防プログラムです。精度の高い検査結果を踏まえた計6回のブラッシングチェックにより、包括的に口腔内の環境を清潔・健康に保ちやすくします。

単回のスクリーニング検査またはデンタルドックは、断片的に口腔内の状態を把握することしかできない検査結果のため、効果的な予防対策を立てることが困難となる場合があります。継続的な検査結果の変化を追跡することにより、精密に口腔内の状態把握が容易になります。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案