ブラッシングの重要性

ブラッシングの重要性お口の健康を維持するには、日頃の適切なブラッシングとともに、定期的な検診およびメンテナンスを受けることが重要です。
生理的に唾液中のカルシウムが歯の表面に沈着することも含めて考えると、少なくとも3か月おきのメンテナンスが効果的です。
これは患者さんご自身のブラッシングへの過信を防ぐことにもなりますので、客観的に歯科医師および歯科衛生士によるチェックを受けることで、日頃のブラッシング効果をさらに高めることにもつながります。

また、日々の適切なブラッシングは健康なお口を保つ上で必要不可欠ですが、定期的に検診を受け、歯科医師のチェックを受けることも重要です。
当院では患者さんの長期的なお口の健康状態を維持するために、お口全体の歯や咬み合わせの状態などを把握し、症状を総合的に判断した診断を行っています。

補綴物(詰め物・被せ物)に関しましても、見た目の美しさだけでなく、ブラッシングがしっかりできる清掃性も重視して製作しております。

このように、ブラッシングを核として、患者さんのお口の健康を守ることを考え、当院では歯科医療に取り組んでおります。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案