水にもこだわった院内設備 ~院内で使用する水はすべて「殺菌型機能水」~

当院では、院内感染を防ぐ「殺菌型機能水」や高解像度CTなどの最新設備を導入し、安全で精度の高い治療を提供しています。

水にもこだわった院内設備

ご存じですか?診療ユニットの水質汚染!
診療ユニット(治療用チェアー)はいろいろなところから水が出ます。もちろんこの水はお口をゆすぐにも使いますし、歯を削るときにも使います。しかし、この診療ユニットの水質汚染が大きな社会問題となっていることをご存じでしょうか?

水にもこだわった院内設備通常、診療ユニットから出てくる水は、水道水をそのまま使っています。本来、水1ccあたり菌が100個以内でなければならないと法律で定められています。しかし、調査結果(※)によると、菌が10万個以上の場合もあったそうです。このお水を口に含むことを考えると、とても怖い話です。

※米国CBS(1999年)、米国ABC(1999年)、東京医科歯科大学(2000年)、日本の治療水調査(2001年)などで多数報告あり。

でも、ご安心ください。当院では院内すべてに「殺菌型機能水」を循環させています。

当院が導入する「殺菌型機能水」
歯科治療では、歯を削ったりお口をすすいだり、さまざまなシーンで水を使います。

当院では細菌感染対策に力を入れ、次亜塩素酸イオンを含んだ「殺菌型機能水」(POIC®ウォーター)を導入しております。
院内全域に循環させることにより、細菌やウイルスによる歯科診療台内の治療水の汚染、および治療時の注水作業による感染の危険性を大きく減らすことが可能となりました。

●殺菌型機能水
殺菌型機能水は、人間の身体にある成分を使って作った、安全で殺菌効果の高い水です。
この水を使用することで、手洗い・うがい・治療まで、すべての水の中に含まれる細菌やウイルスを死滅させ、クリーンな環境を構築しています。

POIC®ウォーターの詳細はこちら

クリーンで安全な殺菌型機能水で院内感染を防ぐ

殺菌型機能水歯科を受診される方の多くは、むし歯や歯周病の治療が必要です。
治療の際には必ず水を使います。水を介した口腔内の細菌やウイルスの感染の可能性を考え、当院では「水」に着目しました。

当院では「殺菌型機能水」を院内配管したことで、診療台の水路で細菌やウイルスを強力に殺菌。
クリーンで安全な水を使うことで、水による細菌感染を防いでいます。

従来のプール消毒等の「塩素消毒」のイメージがありますが、当院の次亜塩素酸イオン水は、化学構造も製造工程もまったく異なります。
高純度の超純水と、不純物のない純度の高い食塩により精製された食塩水を電気分解して作られているので、まさに安全です。

当院では、国の定める法令を遵守した上で、それ以上に厳しい基準である歯科用ユニット治療水の細菌数「0」をクリアしています。

歯科医院の治療環境が、患者さんのみならず、スタッフにとっても安心・安全であることの証として、定期的な水質検査を行い「歯科治療水安全認定施設」に指定されております。

診療前に15秒のうがいを
殺菌型機能水には、お口の中の細菌を殺菌する効果があります。
診療前に、院内に設置している水でのうがいをおすすめしています。
コップ1杯のお水をお口に含み、15秒程度うがいをするだけで結構ですので、ぜひお試しください。

治療の精度を高める歯科用CTの導入

歯科用CT診断で欠かせないのは精密さです。
当院では、最先端の歯科用CT(RevoluX)を導入し、精密な診断を行っています。
従来のCTでは解析が困難とされている、金属の入った歯も含め、歯や骨の状態に対して精度の高い診査・診断を可能としています。

従来のレントゲンとの違い
これまでは2次元のレントゲン画像で診断を行っていました。
現在では、歯科用CTによる撮影で3次元の立体画像が得られるため、2次元画像ではわからなかった歯やあごの骨の詳細な構造や神経の位置などを高精度で把握することができます。これにより、適切な診断・治療が可能となります。

レントゲン歯科用CT

ほかの歯科用CTとの違い
1.骨質を正確に把握できます歯科用CT
一般的な歯科用CTは、歯やあごの骨を立体的に把握することはできるものの、骨質(硬さ)まで正確に把握することはできません。

一方、当院の歯科用CTは骨質を正確に計測できるため、特に骨質を事前に把握しておくことが重要な治療に有効です。当院の歯科用CTは、数ある歯科用CTの中でも特に優れた性能を持つ装置です。

2.金属による影響を除去します
歯の詰め物に金属を使われている方がいらっしゃいますが、金属はX線を通しにくいため、その影響でこれまでのCTでは周りの骨の状態が把握できないことがありました。当院の歯科用CTは金属の影響を除去するプログラムを搭載しており、金属の影で映らなかった部分の骨も診断することができます。

歯科用CT歯科用CT

患者さんへの負担を軽減
CT撮影というと大がかりな撮影を想像されるかもしれませんが、当院の歯科用CTは短時間(20秒程度)で撮影が完了します。もちろん痛みも何もありません。気になる被ばく量も、医科用CT装置の1/15程度に抑えられておりますので、どなたでも安心して撮影いただけます。

その他の最新設備

高周波治療器による治癒力を高める治療高周波治療器
治りにくい慢性炎症に対して、免疫防御機構を活性化させ、炎症排除を促す高周波治療器を用いています。電気刺激により一時的な痛みを伴いますが、次亜塩素酸イオン水と併用し、処置後の治癒を促進させる効果があります。

レーザー治療についてはこちら

マイクロルーペを用いた治療マイクロルーペ
歯科治療において、複雑な処置で活躍するのがマイクロルーペです。マイクロルーペにより小さな患部を拡大し、術野を明るく照らすLEDライトをともに用いることで、緻密で精度の高い治療を可能としています。

世界の歯科をリードするハーバード大学・大学院で学んだ正しい「予防歯科」をご提案